金沢市で結婚式前撮り写真/和装/ロケーションフォトならエニグマ

2019年01月30日

結婚式の前撮り準備から当日の流れを細かくチェック!

結婚式当日は何かとやることが多いので、ゆっくりと写真を撮る時間がありません。

二人の個性を活かした写真を撮りたいのであれば、結婚式前撮りを行うのがベストです。

ここでは、結婚式の前撮り準備から当日の流れ、気をつけるべきポイントなどについて紹介します。

二人が納得する写真を撮るためにも、早めに準備を始めましょう。

 

前撮りの準備は半年前から始めよう!

前撮りをすると決めたら、早めに準備を始めましょう。遅くても半年前から準備を始めるのが理想的です。結婚式が間近に迫ってくると、様々な準備で何かと忙しくなってくる上に、写真が仕上がるまでに早くても2週間以上かかるので、早めに準備するのが鉄則です。
前撮りを実施する日も、結婚式の1ヶ月以上前に設定しましょう。結婚式まで1ヶ月未満になると、二人でゆっくり写真を撮影する時間が取れなくなる可能性が高いので、早めに済ませておくと安心です。

 

〈混み合うシーズンは注意〉

成人式や七五三などシーズンと重なると、どの写真館も忙しくなるので、早めに準備しないと予約が取れなくなってしまいます。

そのような事態を防ぐためにも、前撮りは早めの準備が欠かせません。桜が満開を迎える春や、紅葉が美しい秋のシーズンなども写真館が混み合うので、この時期に撮影したいと考えているのであれば、早めに予約を申し込んでおきましょう。

 

〈プランや衣装を決めて予約〉

撮影する日時と写真館が決まったら、撮影プランや衣裳を選びましょう。

プランの内容や用意されている衣裳の種類は、写真館やスタジオによって異なるので、事前によく比較しておく必要があります。

また、事前に衣裳を試着できる場合とそうでない場合があるので、その点もよく確認しておきましょう。衣裳選びにこだわりたいのであれば、試着可能な写真館やスタジオを選んだほうがいいでしょう。

人気の衣装は早い段階で予約が埋まってしまうので、前撮りを行う3ヶ月〜6ヶ月前には予約を済ませておく必要があります。

ただ、あまりに早い時期に衣装を予約してしまうと、撮影当日までに体型が変わってしまい、衣装を着れなくなってしまう可能性もあるので要注意です。早めに衣装を予約する場合は、撮影当日まで体型をキープできるように努めましょう。万が一の場合に備えて、衣装の変更方法を確認しておくことも大事です。

 

〈雨が降った場合の事も事前確認〉

前撮りの予約をする際に注意すべきは、雨が降った場合の対応です。

屋外で撮影する場合、当日に雨が降ってしまうと、撮影できない可能性が高くなります。

小雨程度であれば予定通り撮影する場合もありますが、そのあたりの対応は写真館によって異なるので注意が必要です。

雨が降った場合にキャンセルしたい場合は、キャンセル料金が発生することもあるので、予約を申し込む前にきちんと確認しておきましょう。

 

前撮り当日の流れ

①来店

予約した時間に合わせて来店します。時間は厳守です。もし間に合わない場合は電話で遅れる事を伝えましょう。

注意点としては、遅れた場合、次の予約の都合上撮影時間が短縮される場合もあります。他にも早く来すぎてしまうと、スタジオの準備などがありスタジオ内に入れない場合もありますので、冬場などは注意してください。

 

②着付けやヘアメイク

前撮り当日は、写真撮影をする前に着付けやヘアメイクを行います。

自分のなりたいイメージがあるなら、ヘアメイク画像や雑誌の切り抜きなどを持参して、ヘアメイクさんに希望を伝えておきましょう。
女性のヘアメイクや着付けには2時間ほどかかるので、女性が準備している間は、男性は待機することになります。

待機時間が長くなる可能性もあるので、当日は何か暇つぶしができるアイテムを持参するといいでしょう。ただ最近はオプションとして、男性にもメイクをするケースがあります。

 

③写真撮影

二人の準備が整えばロケ地へと移動して写真撮影を行います。

撮影中はカメラマンがポーズや構図を提案してくれるので、撮影に慣れてない人でも安心です。ただ構図に関して何か希望がある場合は、撮影前にカメラマンに伝えておくといいでしょう。

ロケ地が有名な観光スポットの場合は、人通りの少ない時間に撮影するのがベストです。人通りが多い日中だと撮影に集中できない場合があるので、朝早くからの撮影になることもあります。
撮影時間は3時間前後が一般的ですが、和装と洋装の両方の衣裳で撮影する場合は5時間くらいかかることもあるので、二人がゆっくり時間を取れる日時に前撮りを行いましょう。

撮影中は待ち時間もあるので、その間に撮影してもらいたいシーンなどをカメラマンに伝えたり、持参したカメラで撮影することもできます。プロのカメラマンに撮影してもらった写真が出来上がるまで数週間ほどかかるので、持参したカメラやスマホで撮影した方が、早めに写真を楽しむことができます。

 

③撮影終了

写真撮影が終了すれば、写真館やスタジオに戻って衣裳を着替えます。

メイクを落として料金を支払えば、前撮りはすべて終了です。その後写真をセレクトします。たくさん撮影した写真の中から二人でお気に入りの写真を数枚選びましょう。

写真撮影後の片付けは30分ほどで終わるので、それほど時間はかかりません。あとは写真が出来上がるまで楽しみに待ちましょう。

 

下準備をしっかり行ってから前撮りに臨もう

前撮りを成功させるためには、下準備をしっかり行う必要があります。

後悔することがないように、衣装や写真館の予約を早めに行いましょう。
前撮り当日は待ち時間などが長引く可能性もあるので、スケジュールに余裕を持って臨むことが大切です。

当日に雨が降る可能性もあるので、事前にしっかり打ち合わせをして不安を取り除いておきましょう。